このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

1.円満夫婦の共通点

皆さんの周りをよく見渡すと 

「ケンカもするけど、結局仲がいい」

「なんだかんだとうまくやってるよね」

そんな、ご夫婦があなたのまわりにいませんか?

 

そんなご夫婦には大きな共通点があります

その共通点とは何か?

なぁんだ、そんなことかと思うかもしれませんが

大きな違いなのです

 

それは…

 

ケンカは必要なコトと、思っているということです。

 


あるメデイアのインタビューでも 

結婚20年、30年、50年の大先輩方は口々にこういうのです

「ケンカをいっぱいすること」

「思ったことを言いあうこと」と語っています。

 

ここで、内田也哉子さん(樹木希林さんの娘さん)の言葉を紹介します

テレビコマーシャル(サッポロビール黒ラベルCM)で

「ケンカは必要ですか?」との質問に

「ケンカ?大好きなんですよ。」


「えっ!」と驚くインタビュアーの妻夫木聡さん。

 

「ケンカというエネルギーの放出で1回軌道を修正できるみたいな

宇宙のビックバーンじゃないけど、そっからまた再生する、生まれ変わるみたいな感じで」

と笑顔で応えています。

 

このような表現でいわれてみるとなんかステキな感じ、いいモノにおもえてきませんか?

 

CM動画はコチラ 👇

https://www.youtube.com/watch?v=PW-7_3vCaKY

2.統計からみた円満へのヒント

「モヤモヤが止まらない‥」

「いや、むしろ増えているかも」
「もう話をしたくない」

出来たらこんな気持ちにはなりたくありませんが
感情がある限りそれを止めることはできません

 

だからケンカをなくそうとするより
ケンカの質を上げると、考えるのです 

では、ケンカの質を上げるためには、何が必要なのか?

 
あるWEBサイトで夫婦の会話についてアンケートを実施
(結婚5年目以上、子供のいる36~45歳既婚男女200人)

『会話が少ない夫婦は、“相手が原因”と断じる傾向が強く、これは男女ともに変わらない傾向だ。
 対して、会話が多い人からは、自分の行動を省みたり、家庭環境を冷静に分析したりする
 コメントが多く見られた。』
との結果を得ています。

 

そうです、まずは日常会話を増やしていくことがケンカの質を上げる、円満夫婦への第一歩なのです

【出典】OCEANS
https://oceans.tokyo.jp/article/detail/23611

3.会話の量を増やすコツ

夫婦の会話で重要なポイントを1つだけ紹介します 

それは‥

 

「相手が欲しがっているモノを渡す」
ということです

お金やモノでなく、会話の中で人一番欲しがるものは何でしょうか?

 

人は自分のやっていることが
「誰のどんな役に立っているのか」ということを知りたい

誰かから感謝されたいと強く思っています

 

11月22日いい夫婦の日にちなんだ
明治安田生命のアンケートに

「配偶者に言われたい一言」

 という項目があります


第1位は 「ありがとう」

第2位は 「おつかれさま」

第3位は 「よくやってくれて助かっている」

 

感謝の一言「ありがとう」

これが相手が一番欲しがっているものなのです

これをたくさん見つけておいて沢山渡してあげる

まずはここからです

【出典】明治安田生命アンケート
https://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/2021/pdf/20211115_01.pdf

4.感謝が増えることの効果

皆さんの身体は食べたもので出来ています
では心は何で出来ているか?
ほめ達ではこのようにお伝えしています 

「心は言葉で出来ている」 


言われて嬉しい言葉で心が満たされているならば、穏やかな気持ちでいられる
楽しい気持ちでいられる やる気になる 元気になれる 勇気が湧く
 

ゆとりをもって物事に取り掛かれるのです

だから会話の中に感謝の量が多いほど心が整って余裕が出来てくるのです
余裕が出来た状態で会話するから相手との関係性が変わる
日頃から相手への感謝を伝えておくことが大切なのです

逆に言うとケンカの時を思い出してみてください
余裕のない状態で、
「言ってはいけない一言までいってしまった」
「もっと違った表現があった」
そんなことになってしまいます
 

このようにお伝えすると
「相手はいいよね、感謝されて余裕が出来て、じゃあ私はいったいどうなるのですか?」
そう思われる方が出てくるかもしれません
 

自分の言葉を誰が一番聴いていると思いますか?
それは他ならぬ自分自身なのです
ですから、実は自分自身の心が一番整って余裕が出来てくるのです
これが感謝を伝える一番の効果なのです

 

5.ほめ達!をおすすめする理由

1
最先端のスキルロジック

「自分の心を整える」あるいは「周りの人とコミュニケーションをよくする」
最先端のスキル・ロジックが分かりやすい言葉でびっしり裏付けされています
(脳科学・カウンセリング・コーチング・NLP・心理学・TA交流分析など) 

ポータブル、どこでも使える

研修アンケートに多く見られる「まず家族をほめてみます!」の1行。受講者は、お子さんや奥さん、旦那さん、友人などどの、いま心に抱えている課題を照らし「自分ごと」として聴いてくれます。この学びは職場でもご家庭でも学校や地域でもどこに行っても使える学びなのです。

情報・事例が多い

ほめ達講師は「一般社団法人日本ほめる達人協会」に所属しています
その数はおよそ350名、それぞれがネットワークでつながって情報交換しています
さらに6万人以上の検定合格者、企業研修やセミナーを受けた方がが実践し続けています
このような方から常に最新の情報・多くの体験を寄せられています
ですからほめ達!では多くの事例、多数の講師の経験を通じて学べるのです
 

市町村とプロジェクトを実施
ほめ達!は宮崎県日南市をはじめ、夫婦円満都市推進プロジェクトを実施しています
ライオン株式会社さんとタッグを組んで家事ギャップを埋めることから円満夫婦を
生み出しています

多くの方々に支持されているからこそ実現出来ているのです

夫婦二人でお伝えできる
夫婦で講師をしているのは私達だけです 
実際に夫婦で登壇し、話をして、皆さんの質問にそれぞれが答える
男性的立場(男性脳)から女性的立場(女性脳)からお伝えできます

夫婦で実践し、お伝えしているからこそ、それぞれの立場からアドバイスできるのです


ポータブル、どこでも使える

研修アンケートに多く見られる「まず家族をほめてみます!」の1行。受講者は、お子さんや奥さん、旦那さん、友人などどの、いま心に抱えている課題を照らし「自分ごと」として聴いてくれます。この学びは職場でもご家庭でも学校や地域でもどこに行っても使える学びなのです。

6.実際の事例

お互い「相手が悪い」と言い合っていた

理論・理屈でダメ出しする夫と感情的な妻。
典型的な男性脳と女性脳といったお二人でした
しかし、まず夫がほめ達!を学びはじめ、少しづつ変化していきます
今では妻に感謝やねぎらいの言葉をかけるようになっています
記念日にプレゼントや感謝状を贈り合うまでに!

VOICE(近日アップ)

夫の見方が180度変わった!

キャリアウーマンで全てに「効率重視」の妻
夫はゆったりとした生活を楽しむスタイルでお互いの価値観が全く合わないと思っていた夫婦ともにほめ達!を学び、まず大きく変化したのは妻。
「モノの見方が180°変わった」と、夫の良さが見えるようになり夫婦関係が改善。

VOICE(近日アップ)

仮面夫婦だった

仮面夫婦状態、熟年離婚寸前だったご夫婦
妻がほめ達に出会い、激変!
新聞に大きく取り上げられました
この方はほめ達の講師になっており
「人を変えることはできない、変えられるのは自分」
「本気で変わろうと思った時、相手も周りも大きく変わる」
このように皆さんに伝え続けています

VOICE(近日アップ)

ほめ達!で結婚観が変わった!

結婚前にほめ達を学んだご夫婦
成婚後、奥様は
「ほめ達に出会わなかったら絶対に結婚相手に選んでなかったと思う」
人の見方が大きく変わりました
婚活されている方にはぜひ学んで欲しいですね
このように言われています。

VOICE(近日アップ)

夫婦円満都市推進プロジェクトその後

宮崎県日南市での「夫婦円満都市推進プロジェクト」に参加した
全てのご夫婦が手をつなぎ、笑顔で帰っていきました
その9か月後のインタビューで
「いや~やっぱり、ほめるっていうのは難しいかもしれないけど、ありがとうは増えましたね
「会話が増えました!」
そして、1組のカップルは何とプロジェクト後にお子様を授かったのです!

 

VOICE(近日アップ)

夫の見方が180度変わった!

キャリアウーマンで全てに「効率重視」の妻
夫はゆったりとした生活を楽しむスタイルでお互いの価値観が全く合わないと思っていた夫婦ともにほめ達!を学び、まず大きく変化したのは妻。
「モノの見方が180°変わった」と、夫の良さが見えるようになり夫婦関係が改善。

VOICE(近日アップ)

7.ほめ達!で起きる変化

  • 余裕を持って考えられるようになる

  • 相手の反応に一喜一憂しなくなる

  • 感情のコントロールができるようになる
  • 今まで見えなかったイイ所が見えるようになる
  • マイナス・欠点・短所を許せるようになる

  • マイナスの出来事が起きても「こんなこともあるよね」と思える

  • 気持ちの切り換えが学ぶ前より少し早くなる
  • 相手の反応に一喜一憂しなくなる


8.ほめ達!を学ぶ上での注意点

ほめ達の学びの一番の注意点は何か

それは‥
 

実践し続けることです
 

どんな学びも机上の論理で終わってしまっては何の意味もありません
だからこそ実践なのです
ほめ達の学びはその実践を具体的にどうするのかを詳しくお伝えしていきます

皆さんご存知のようにどんなことでも続けることは大きな力になります
ただ、長い期間になればなるほど難しくもあります

だから3日坊主でもいいのです 一休みしたらまた続ける その繰り返しです

では、どれだけ続けたら結果が出るのか?
まずは3カ月頑張って見て下さい
必ず何らかの兆候が出始めます

3カ月が長いか短いか、これから一生共にする年月を考えれば頑張れるのではないでしょうか?
本当に大切なものはゆっくりと時間をかけて身につくもの
ほめ達!は学び続けるもの、一生の学びなのです

このことを先ず心に刻んで学んでいただきたいのです

 

9.講座のご案内

【各サイトのご案内】

ほめ達!入門講座
ほめ達!が初めての方へ
ほめ達の成り立ちから、今日からできるほめる達人のワザなどほめ達の学びを90分でお伝えします
もっとほめ達!
ほめ達を深く学びたい方へ
連続5回の講座です
実践しながら長期間学んでいきます

企業研修・セミナー
「ほめる」を通じてメンバーの能力を最大化するチームビルディングのスキルをお伝えします。担当者様のご希望に沿った内容をお届けします。
相談部屋
「ちょっと話を聴いて欲しい…」方へ
看護師・認定心理士でもある
後藤真寿美にあなたのお話し聴かせてください。
企業研修・セミナー
「ほめる」を通じてメンバーの能力を最大化するチームビルディングのスキルをお伝えします。担当者様のご希望に沿った内容をお届けします。

10.ほめ達の「ほめる」とは?

ほめ達!の「ほめる」とは、自分の周りの人・モノ・出来事の価値を発見して伝えることです。
一人一人に眠っている価値を見つけ出し、それを伝えてあげることで、その人の魅力を最大限に引き出してあげることが、ほめること。「ほめ讃える」ことばかりではなく、相手をしっかりと「認め」「応援してあげる」ことも、ほめることです。また、私達の周りの「モノ」や「出来事」の価値も見つけ出し、仕事でも家庭でも素晴らしい結果を生み出すような、アイデア溢れる毎日を送ることでもあります。

11.後藤夫婦プロフィール

後藤 真寿美

(一社)麗らか 代表理事
(一社)日本ほめる達人協会 特別認定講師  
看護師(内科・手術室・透析室・精神科・緩和ケア・外来)認定心理士
現場歴30年、管理職・師長として15年・1500人以上の人材育成に携わる。
人をケアする仕事場にこそ、心を整える術を伝える環境が必要であると考え
在職中に心理学を学び、認定心理士を取得する。
長年在宅介護し続けた母が亡くなったのをきっかけに2017年に病院を退職。
同年、一般社団法人麗らかを設立。
現在は師長時代の経験や介護を通して体感した、「ほめる効果」を一人でも多くの方に伝えたいとほめる達人協会特別認定講師としてセミナー、少人数制の塾、企業研修で「ほめ達!」を伝えている。
 

後藤 利一

(一社)麗らか 理事
(一社)日本ほめる達人協会 特別認定講師元学習塾講師・経営者

東京で学習塾の講師・経営者として22年勤務しました
その後、地元大分に戻り補聴器の会社設立、物流の仕事などを経て現在に至る。
労働裁判や家庭の問題などを通じて人間関係に深く悩むようになり
「使う言葉で自分も相手の心も必ず変わる」と気付きを得た後「ほめ達!」に出会う。
その後「ほめ達!」の実践により親子関係が劇的に改善する。
また、友人が大きく成長するなど次々と起こる変化に「ほめる効果」の確信を深める。
現在、ほめる達人協会特別認定講師としてセミナー、少人数制の塾、企業研修で「ほめ達!」を伝えている。


12.お問合せ

☎097-777-3216(FAX同)または090-8986-1136

でお問合せ ←クリック
※ 返信メールが来ない場合
①メールアドレス入力が正しいか確認

➁メールソフト・メールサービス
 セキュリティソフトの設定の確認

 いずれかの対応をされて見て下さい

個人情報の取り扱いについて

プライバシーポリシー 一般社団法人麗らか(以下「当方」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守し個人情報の保護を推進致します。 
 個人情報の管理当方は、お客様の個人情報不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。    
 個人情報の利用目的お客様からお預かりした個人情報は、当方からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、お電話や電子メール、お客様へのサービス提供、資料のご送付に利用いたします。
 個人情報の第三者への開示・提供の禁止当方は、お客様よりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。・お客様の同意がある場合・お客様が希望されるサービスを行なうため当方が業務を委託する業者に対して開示する場合・法令に基づき開示することが必要である場合 
 個人情報の安全対策当方は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、万全の対策を講じています。
 ご本人の照会お客様がご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
 法令、規範の遵守と見直し当方は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
 お問い合わせ当方の個人情報の取扱に関するお問い合わせは下記までご連絡ください。 
一般社団法人麗らか